Image is not available
Image is not available
Image is not available
五感を刺激する
コンテンツ戦略で売上アップ!
Slider
サイトSSL化

「HTTP接続警告表示」あなたのお店保護されていますか!?

2018年7月24日にGoogleChromeの最新アップデートにより、HTTPページ全てに「保護されていない通信」と警告を表示しています。

まずは、あなたのサイトをチェックしてください。

https://

になっていますか?

もしなっていない場合は、早急に対応する必要があります。

2017年から続くGoogle Chromeアップデートに伴う非SSLサイトへの対応は、ページ単位であったものが2018年はウェブサイト全てが対象となるように広がっていきます。そして、2018年のアップデート、最大のトピックは7月のGoogle Chrome 68になります。

保護されていない通信

あなたが運営するHPのアドレスバー確認してください。

保護されていない通信

という言葉が表示されていませんか?

もし表示されていたら、
サーバーに送られる情報が、途中でだれかに読み取られてしまう危険があることを示しています。

ECサイトなどは特にクレジットカードの情報を読み取られる可能性があるので注意する必要があります。
ECFサイトだけではなく、問い合わせや予約に個人情報を入れている場合も同様です。

これを対応するには、
「https://」
に変更する、SSL化というものにする必要があります。

SSLはインターネット上で、データを暗号化して送受信する仕組みです。
これは、個人情報やクレジットカード情報などのデータを暗号化し、サーバとパソコンの通信を安全に行います。

つまり、HPを
http://
ではなく
https://
に変えないと、会員の個人データが盗まれる可能性があります。

このようなことを危惧してGoogleは7月のアップデート時に
https://
になっていないサイトに「保護されていない通信」と警告を出しています。

そして、9月4日のアップデートでは警告表示が変わります。

インターネット上は安全であることを前提とし、HTTPSページでのアドレスバーの表示「保護された通信」がなくなり鍵マークだけとなる。

保護された通信

さらに、10月16日のアップデート後はSSL化されてないサイトには、赤文字&警告表示をする予定です。

HTTPページでデータを入力した場合、アドレスバーの「保護されていない通信」が赤い警告表示に強化。

保護されていない通信警告表示

もしお店のHPに「保護されていない通信」が出ていたら要注意です。
特に10月16日のアップデート後は、「そのサイトは危ないから見てはいけないサイトです
という意味となり、HPに訪問しても離脱することになるでしょう。

経験があるかもしれませんが、サイトを観覧中ウイルス警告が出たら、「まずい」と思いページを閉じていたと思います。
これと同じように、もし警告が出たら、急いで閉じてしまうと予想されます。
そして、警告が出ているそのお店は、「ちょっと気持ち悪い」という印象が残り、評価も下がるかもしれません。

さらにGoogleはSSL化していない、サイトの検索順位を落としています。
これまで苦労してSEO対策をしたことも、水の泡となってしまいます。
これによって検索順位が落ち、必然的にアクセスが減ることもなります。

いかがでしょうか?
もし対応していない場合は早めに、SSL化することをおすすめします。

有識者が作業すれば数分で完了しますので、何より優先して対応してくださいね。

関連記事

  1. 360度VR北海道ツアー
  2. IT支援事業者の使命
  3. IT導入支援事業者2
  4. IT支援事業者ホームページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

LINEでお友達になりましょう♪

友だち追加

最近の記事

  1. googleマイビジネスlevel8
  2. IT支援事業者ホームページ
  3. IT支援事業者の使命
  4. IT導入支援事業者2
  5. サイトSSL化
PAGE TOP