Image is not available
Image is not available
Image is not available
五感を刺激する
コンテンツ戦略で売上アップ!
Slider

リッチコンテンツ制作

ドローン映像制作

こんなお悩みありませんか?

✅どのようなコンテンツが、集客に効果的かわからない
✅普通の写真を掲載してもインパクトに欠け、印象に残らない
✅商品やサービスの魅力を十分引き出せない
✅個性あるコンテンツを作って、ライバルと差をつけたい

悩み5

もし1つでも当てはまるなら、お気軽にお問い合わせください!

当社では無料でご相談を受付けております。

三角

ドローン映像のメリットと効果

ドローン夕焼け
都心空撮
ここ数年でドローンは急激に進歩しています。
例えば、空撮だけでなく、宅配便への活用や災害調査、海外では人が乗れるようなものもあり、様々な利用シーンで活用され始めています。現状では、規制があるものの今後は無限の可能性があり、急速に発展すると予想されます。ドローンを活用したコンテンツはインパクトが大きく、大企業を中心に活用し始めています。
風景などの空撮映像を始めとして、工場や工事現場など通常人が立ち入ることができない視点から撮影できるメリットがあります。さらに、ドローンに搭載するカメラは高性能で、4K映像が標準となり、パノラマ、VRなどにも応用もできます。
これらを活用すれば、ドローンならではアングルで撮影したものを加工し、これまで考えられなかったコンテンツを作成することができます。
今では費用も抑えることできるため、大企業だけでなく、中小企業から個人店でも導入できるようになりました。

ドローンの活用シーンは無限大

ドローンで撮影したインパクトのある映像は、これからさまざまなシーンで活用されていくと予想されます。
ここでは、ドローン映像を使って、企業や店舗のコンテンツとして活用できるシーンを例としてあげます。

企業PR

人が見える風景とは別の角度の映像を撮影できるので、ダイナミックで非日常的なインパクトを視聴者に与えることが可能です。
そのため、さまざまな業界・プロモーションとしてドローンの空撮動画が活用できます。
美しい空撮映像と合わせて商品やサービスを組み入れれば、インパクトがあり、印象に残りやすいコンテンツとなるでしょう。
例)不動産物件、敷地・建物案内、商品・サービスPR
東京の街並み

東京の街並み

観光案内

地元の観光名所やレジャー施設などを空撮して、地元をPRすることができます。美しい風景や観光スポットを上空から撮影すれば、それを見た人たちは興味を持ち、行きたくなってしまうでしょう。
例)観光案内、レジャー施設紹介
観光名所

観光案内

スポーツ

上空から撮影できるので、アクロバティックなスポーツの迫力を伝えるときにも使われます。
また、様々な角度からスポーツの練習映像を撮影してフォームのチェックなどをすることができます。
例)ゴルフ、テニス、サーフィン、スキー
サーフィン

サーフィン

イベント

イベントを上空から撮影することにより、全体の雰囲気や臨場感を伝えられることができます。
こんなロケーションで・・・こんな人数が集まって・・・こんなイベントをしていて・・・などが一目で伝えることができます。
また、人文字なども撮影でき、参加者にも映像を配れば、楽しさが増すと思われます。
特に結婚式など、一生に一回しかない思い出のシーンにドローン映像は、海外では爆発的に人気が出ています。
例)結婚式、運動会、催事
花火

花火

人が立ち寄れない場所

人が立ち寄れない危険な場所でドローンを飛ばして映像に残すことができます。
ドローンは小回りがきくので、ほとんどの場所で活用できます。
例)事故現場、工事現場、災害現場
災害現場

災害現場

ドローン映像はインパクト大!コンバージョン率がアップします!!

三角

ドローン導入のデメリット

ドローン禁止
ドローンをコンテンツに組み込むことによって、大きな効果が見込まれますが、導入する際にはデメリットもあります。

強風や悪天候に弱い

天気もよく、障害物も何もないところでは問題なく飛ぶドローンも、強風や悪天候に弱いという欠点があります。
一般的には、風の目安としては、風速5メートル以下となっています。
また、雨や雪など降った場合は、防水設計がされていないので、落下の恐れもあります。
そもそも、美しい映像を撮るために飛ばすので、悪天候の場合は無理に飛ばさない方が良いでしょう。

フライトできる時間が短い

ドローンの多くはバッテリーで動いています。
以前は10分もフライトできませんでしたが、最近は性能が上がってきて、長ければ30分程度フライト可能となりました。
充電するのにも1時間程度の時間がかかるため、複数個バッテリーを所持する必要があります。

音が多少気になる

ドローンの飛行中は、プロペラが回っているため、それなりの飛行音がします。
上空20mぐらいになれば、気にならないかもしれませんが、それ以内の場合はプロペラ音が耳に入ってきます。
気になる人は耳障りになるかもしれません。

精密な動作が必要な場面

ドローンの操縦は、「プロポ」と呼ばれる送信機で遠隔操作します。
目視できないぐらいに離れると、カメラの画面で確認にながら操作することになります。
狭い場所に入り込んだり、木と木の間を抜けたりするような微調整する動作に関しては、難しくなります。

厳しい使用規制がある

一歩間違えば大事故に繋がるため、国土交通省で厳しい規制が定められています。
以下にいくつか国土交通省のホームページを抜粋して紹介します。

(1) 無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について

以下の(A)~(C)の空域のように、航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域や、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域において、無人航空機を飛行させる場合には、あらかじめ、地方航空局長の許可を受ける必要があります。
ドローン規制1(国土交通省)

(2)無人航空機の飛行の方法

飛行させる場所に関わらず、無人航空機を飛行させる場合には、以下のルールを守っていただく必要があります。

[1] 日中(日出から日没まで)に飛行させること
[2] 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
[3] 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
[4] 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
[5] 爆発物など危険物を輸送しないこと
[6] 無人航空機から物を投下しないこと

上記のルールによらずに無人航空機を飛行させようとする場合には、あらかじめ、地方航空局長の承認を受ける必要があります。

<承認が必要となる飛行の方法>
ドローン規制2(国土交通省)

これらの規制によって、承認を受けない場合は、撮りたい場所では自由に撮れません。
また、被写体から30m以上離れなければいけないため、人物の表情などを撮ることが難しくなります。

これらデメリットをできる限り補完し、ドローン映像を組み入れれば、以下全て解決します!

✅集客に効果があるコンテンツを組み込みことができる
✅今までにない迫力のあるコンテンツでアピールできる
✅美しく臨場感で見入ってしまい商品やサービスの印象に残すことができる
✅独自で個性あるコンテンツによって、ライバルと差別化できる

ガッツポーズ3

まずはお気軽にご相談ください

三角
  1. リッチコンテンツ制作

  2. 動画コンテンツ制作

  3. ホワイトボードアニメ制作

  4. ドローン映像制作

LINEでお友達になりましょう♪

友だち追加

最近の記事

  1. ふわふわスイーツの店
  2. Instagramハッシュタグフォロー
  3. 桜判定
  4. チャンネル登録1000人
  5. Instagramタイプモード

このサイトは以下のテーマで作成しました

WordPressテーマ「MAXX  (TCD043)」

PAGE TOP