NHK大河ドラマ龍馬伝で注目された、不忍池のほとりにある旧岩崎邸庭園のガイドツアーに参加していきました。

さいごーパンとナビラ(語りC)

旧岩崎邸庭園は都立庭園で国指定重要文化財に指定されています。

旧岩崎邸庭園は三菱財閥創設者岩崎彌太郎の長男で、第3代社長の岩崎久彌の邸宅として、明治29(1896)年に竣工されました。
現在は洋館、和館、撞球室の3棟が残っています。

今回はその1つの撞球室が観覧できる貴重な日です。

さいごーパンとナビラ(語りD)

撞球室は通常は非公開なのです。

入口を入ると都心とは思えない程の自然が広がっています。

 

正面玄関から入って洋館から観覧します。

洋館は、岩崎家の迎賓館として用いられた木造2階建です。

玄関から外を見る景色も綺麗です(^^)

映画のワンシーン出てくるような雰囲気で、貴重な家具や壁紙など、どこを見渡しても貴重なものばかりです(^^)

1階には岩崎久彌が用いた書斎や客室、大食堂となります。


2階は、客室や集会室などとなります。1階は作りが異なっているようで、雰囲気がまた違っています。

この洋館の偉大さは圧倒されましたが、この邸宅の主である岩崎久彌の邸宅も偉大だったようです。

関東大震災のときには避難所として開放し、私財を使って住民を避難させ、更にこの洋館内に医療機関も設置したそうです。

さいごーパンとナビラ(語りD)

これによって多くの住人が助かりました。当時は国や自治体の補助はなかった時代だったのです。

この旧岩崎邸庭園は洋館だけでも見どころ満載なので、この続きは後日にしたいと思います(⌒ー⌒)ノ

【当ブログをクリックして応援してください!↓】

上野・浅草・日暮里 ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ
にほんブログ村
【PR】携帯料金を見直したい方は必見です!!
お得な情報はこちらから

携帯料金を安くしたい方は必見!

携帯会社をエックスモバイルに変えるだけで年間6万円お得です!

スポンサードリンク

コメントをどうぞ