Image is not available
Image is not available
Image is not available
五感を刺激する
コンテンツ戦略で売上アップ!
Slider

マーケティングオートメーション(MA)とは?

マーケティングオートメーション(MA)とは?
マーケティングという言葉は知っている方が多い方も多いかと思いますが、マーケティングオートメーメーションというとマーケティングを自動化してくれるの?と考える方も多いと思います。
答えからいうと正解とも不正解とも取れます。
その理由を説明します。
マージェティングオートメーション(以下MA)は、一言で言うと、「顧客開拓におけるマーケティング活動を可視化・自動化するツール」です。

MAは購入までの流れをリード(見込み客)ごとにパーソナライズして個別に対応、成約率を向上できます。それを活用すると、各リードの行動に基づいてEメール、コンテンツ、オファーの内容を調整し、大規模な顧客開拓を実施できます。
少々わかりづらいかもしれませんので、わかりすい例をあげてみます。

魚釣りを行う際にただ単に海で釣り糸を垂らすだけでは、魚が釣れるまで時間がかかります。
最近の魚は頭が良くなって、釣り糸を垂らすだけでは警戒されてなかなか釣れなくなりました。
そこで魚の特性や好みに合わせたらどうでしょう?
このようなことができれば、容易に釣れるのではないでしょうか?

・センサーを使って魚の位置を正確に把握し、ピンポイントで釣り糸を垂らす
・魚の種類によって、垂らす時間を変える、餌を変える、針を変えるなど魚の特性に合わる
・それでも警戒されたら、別の餌、時間、針などに変えてみる
・これらを分析して、精度を高め、より魚を釣りやすいノウハウを構築する
魚釣り

魚釣りに例えましたが、これらをビジネスに応用できるのがMAです。

ただし、これらは全て自動化できるものではありません。
よくMAを導入するだけで、売上が上がると思われる方も多いですが、導入しただけではあまり意味がありません。
どのような魚を釣るか?仕掛けや餌は何にするか?など計画して、それを効果を出す運用を行う必要があります。

運用するには、人手が必要なので、前述した全て自動化というのは不正解です。
ただし、一度設定しておけば、自動的に釣り糸を垂らして、釣れるまで行なってもらうことができます。
そういった意味では正解とも言えます。

 

マーケティングオートメーション(MA)のメリット

マーケティングオートメーション(MA)のメリット
いろいろな施策ができてメリットも多いとなんとなく想像できたかもしれません。
それでは具体的に何ができるか説明していきます。

簡単にウェブサイトを構築・編集

現在ウェブでの集客が必須となってきていますが、中小企業の場合は専門のWEB担当者などいない場合が多いかと思います。
ほとんどが外部のWEB業者を利用しているため、スピードが遅く、その都度見積もりを出すってことも少なくはありません。
例えるならば、魚を釣りに行って、適した仕掛けがないので都度仕掛けをかえるのに業者に頼む。。。と非効率なことをやっています。
そうこうして行くうちに、魚が逃げて行ってしまいます。
ウェブページ、ブログ記事、ランディングページ、EメールテンプレートなどのうWEB媒体をドラッグ&ドロップだけでできれば自社で全て対応できますよね。
コンテンツ編集やデザイン変更も簡単で、もちろんモバイル対応もしています。
MAには、それが簡単にできる機能が搭載されています。

ねらいを定めてコンテンツを配信

理想の見込み客を開拓し、そこにねらいを定めてコンテンツを配信することができます。
コンテンツを作成する際にはリアルタイムでSEOに関するアドバイスを取得しすることが可能です。
そしてSNSでコンテンツを最適なタイミングで共有し、インフルエンサーやフォロワーに効果的にリーチできます。各種のデータに基づいて、最も効果的なコンテンツ、画像、見出し、CTA(コールトゥアクション)を選べます。

重要なコンテンツへのトラフィックを拡大

訪問者の所在地、アクセス元、使用端末、ペルソナなどに基づいてコンテンツやメッセージを最適化し、クリックを誘う魅力的なCTAを作成できます。もちろんドラッグ&ドロップだで作成できるため、複雑なプログラミングは不要です。

多くの訪問者を有望なリードに転換

これまで業者に依頼すれば、数十万の費用と、数ヶ月の日数がかかっていた、本格的なランディングページが、あっという間に作成できます。
編集も簡単で、フォームの追加もワンクリックでできてしまいます。
A/Bテスト機能もあるので、理想的なサイトを追求することによりコンバージョン率を着実に改善できます。
訪問者とのコンタクトはチャットできるため、信頼獲得もでき、有望なリード(見込み客)に転換することもできます。

リードから顧客への転換をスムーズに

購入までの流れをリードごとにパーソナライズできます。
すなわち、見込み客に対して、個別の案内を自動ですることができます。
最適なフォローアップ、そして次のアクションへの誘導なども全て自動化することができます。

顧客の動向を追跡し、マーケティング活動の成果を評価

hubspotCRMと連携しているので、顧客とのすべてのコミュニケーションを自動で記録・整理できます。
そのデータを基に分析し、マーケティングキャンペーンやコンテンツごとの収益拡大への成果を評価できます。

このような流れを自動化して、PDCAを回せば、日を追うごとに最適なマーケティングが実施可能です。

そしてこれまで、営業やマーケティング担当者、ウェブ担当者などが行なっていた、あらゆるマーケティング活動業務をまとめて管理することができるようになります。
MAを導入すると、これらの人員削減ができるので、コスト削減にも絶大な効果が発揮できます。

マーケティングオートメーション(MA)のデメリット

MAを導入すると大きなメリットがあることが、少しわかったかと思います。

それでは、デメリットはあるのでしょうか?

デメリットとしては以下があげられます。

・システムの運用に時間がかかる。
・ITの知識がないと、運用が難しい。
・ブログやメルマガなど、ライティングのスキルが必要
・マーケティングのスキルも多少必要
・PDCAを回しながら改善していく企画管理スキルが必要

前述したように、営業やマーケティング担当、ウェブ担当の人員を減らすことができるので、
その分デメリットであげたことを補完できるようにするのが大切です。

教育してスキルアップする、スキルのある業者に依頼する、など行なってもすぐに元がとれるような強力なツールとして威力を発揮することができます。

当社ではMAの導入から運用管理を一括で請け負います。
まずは無料相談からご連絡ください。

まずは無料で相談する

※当社はHubspotの正規パートナーです。
https://www.hubspot.com/agencies/aka-link-net

LINEでお友達になりましょう♪

友だち追加

最近の記事

  1. googleマイビジネスlevel8
  2. IT支援事業者ホームページ
  3. IT支援事業者の使命
  4. IT導入支援事業者2
  5. サイトSSL化
PAGE TOP